So-net無料ブログ作成

チェス [本]

小川 洋子さんの 『猫を抱いて象と泳ぐ』 を読みました~[本]

    2010.9 003.jpg

主人公は、唇に産毛の生えた寡黙な少年―。
彼は不思議な運命の糸に導かれてチェスを覚え、
人並みはずれたその才能をチェス盤の下に見出す。
限りなくチェスの海は深い・・・と少年は言う。

小川 洋子さんの作品は幾つか読みましたが、
どれも繊細で不思議な世界観がありますね。

『猫を抱いて象と泳ぐ』って、不思議なタイトルですが
読んでいくと意味が分かるんです。
良い作品でした!

そういえば私も子供の頃、家族にチェスを教えて貰って
よく遊びましたね~。
オセロや囲碁、将棋などと同じで、先を読むことが大事。
負けてばかりでした・・・はははっ (^.^;)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。